年末の御挨拶

2012年も残すところ、あと僅かとなりました。
皆様におかれましては益々ご清栄の事とお慶び申し上げます。
本年は格別のご愛顧を賜り、厚く御礼申し上げます。
また、お蔭様で社員一同、一年間無事に業務に励む事ができました。
誠にありがとうございました。
本年は12月28日午後5時をもちまして業務を終了し、明くる年は1月7日午前8時より営業致します。何卒ご了承の上、より一層の御支援の程、宜しくお願い申し上げます。


年末の挨拶

溶接・溶断、初体験!

先日、技術部・総務部の工場未経験者8人が2班に分かれ、溶接・溶断を初めて体験しました!
半自動アーク溶接・アーク手溶接・ガス切断の機械を1台ずつ製造部から借り、第一工場の一角にて社長と鎌田課長より機械の取り扱い方や作業方法のレクチャーを受け、約2時間に渡り行われました。
作業着を着て保護具もバッチリ装備し、ワクワクしながら準備万端整えました。が、日頃、工場内のあちこちで作業風景を見てはいるものの、機械を見るのも触るのも初めてですから、火花が出ただけで驚き、後ずさり。しかし、いざ始めてみると、そこはもう好奇心旺盛な鐵建社員。これは面白い!と次から次へと体験し、意外や女性社員が上手だったりして、拍手喝さい!何度か溶接していくうちに見た目は結構さまになったり。溶接班の社員から見たら、まるで溶接とは言えない代物でしょうが、たいへん楽しく面白い貴重な初体験でした。今後も事務所にこもりきりにならず、いろいろな体験をしていきたいと思います。


溶接・溶断

溶接・溶断

溶接・溶断

溶接・溶断

 

溶接・溶断

溶接・溶断

溶接・溶断

群馬県鐵構業協同組合の皆様が来社

11月16日(金)、約30名の組合員の皆様が工場見学にいらっしゃいました。
組合活動「工場見学交流会」の初開催で、組合員相互の情報・意見交換を通じ、互いに研鑚し合い、技術の向上を目指しました。最初に会社概要等を説明し、梁工場・柱工場を続けて見学。その後、質疑を受けながら本音で語り合いました。そして約2時間の見学会が終了。受入側の当社も皆様を迎えることで勉強になりましたが、参加して下さった皆様も何かしら得るものがあれば幸いと思います。この様子が、11月26日発行の業界週刊誌「鋼構造ジャーナル」の表紙を飾り、また、群馬建設新聞にも記事が載り、たいへん光栄に存じます。


工場見学

工場見学

工場見学

工場見学

平成24年11月2日、駒井ハルテック様とアイ.テック様を工場見学

今年の研修旅行は、業界トップのSグレード工場「駒井ハルテック富津工場」と鋼材商社でもありC型鋼の製造ラインを持つHグレード工場「アイ.テック東京支店東京工場」の見学でした。
社員教育の一環でもある研修旅行は、偶然にも昨年と同じ千葉県となりました。アイ.テックの皆様に御協力・御尽力いただき、予てより見学を熱望していた駒井ハルテック富津工場を見学させていただける事となり、社員のテンションも上がりました。ホームページで詳しく拝見したところ、弊社にとっては未知の世界「BOX柱」生産ラインにある「エレクトロスラグ溶接」「サブマージアーク溶接」等の大型装置、また、東京スカイツリーの製作秘話、同じ業界とは思えない程、製作が異なる橋梁鉄骨など、当社の日常業務とは全くかけ離れた世界が広がっています。朝、バスの車中で、参加者全員が自分なりの見学したいポイントを発表しましたが、いざ、拝見させていただくと、スケールが大き過ぎる!工場内外、どこを見ても初めて見るものばかりで見入ってしまい、案内の方に遅れまいとしてもアッと言う間に離れてしまう始末。まさに駆け足の見学でした。また、アイ.テックでは、大型船から荷揚げ後の鋼材をクレーンで移動する様子やC型鋼の製造ライン、製作途中の製品を見学させていただきました。野次馬的な工場見学の醍醐味は、オートメーション化された製造過程。コイルからC型鋼が完成し梱包されるまでは興味深かったです。二社とも、会社概要説明から工場見学まで2時間でしたが、正直言って時間が足りませんでした。しかし、製造部の社員達は、やはり見所を心得ており、見たい所は逃さず見たようです。社員と会社のスキルアップを目指した研修、一人一人何かしら掴んできたものと思います。


工場見学

工場見学

工場見学

工場見学

高崎亜鉛工業様へ工場見学

平成24年10月23日、技術部・総務部14名が高崎亜鉛工業様を見学させていただきました。(以下、敬称略)
高崎亜鉛工業は創業以来60年以上、溶融亜鉛メッキ・電気メッキ工場として腐食しやすい鉄(鉄骨建築物・ポール・フェンス)を防錆防食するなど様々な分野で活躍しています。近年、益々普及している溶融亜鉛メッキの作業現場を是非とも見学させて頂き学びたいとお願いしたところ、快く引き受けて下さいました。そこでまずは技術部・総務部から7名ずつ午前午後の2班に分かれ、約1時間半の工場見学を依頼。会社概要から亜鉛やメッキの特徴・製造工程・品質管理に至るまで説明を受けました。高崎亜鉛工業とは鉄骨業に関わる一業種として長いお付き合いですが、正直言って、いわゆる高級な鉄の塗装と言う位の認識でした。ところが、「亜鉛が鉄よりイオン化傾向が大きい」から始まり、溶融亜鉛メッキの特徴をお聞きしていくうちに、なんと奥深い物質かと目からウロコ、新鮮な驚きも生まれました。溶融亜鉛メッキの一番優れた特徴として保護作用と犠牲防食作用があるとの事。錆の原因は水分ですが、鉄よりイオン化傾向が大きい亜鉛が先にイオン化し溶け出し、犠牲になってくれるので鉄は錆びない!感動すら覚えました。イオン化という言葉は中学の理科で初めて耳にした記憶がありますが、中学女子が金属の話などに興味を抱くはずも無く、テストの為だけに嫌々覚えました。それが数十年も経ち、いざ自分の仕事に関わってくると、とても興味深いものとなり真剣に聞き入ってしまう程です。少し知識を頭に入れてから、いざメッキ工場へ。工場は、数種類の槽と亜鉛の釜があり、順番に鉄製品が沈められ処理が施されます。脱脂・水洗・酸洗・水洗・フラックス処理・乾燥・そしてメインのメッキ。さすがに450℃の亜鉛釜に製品が入る瞬間は、見学者は非難ルーム?に逃げ込み、透明なアクリル樹脂製の窓から除く程度ですが、迫力がありました。メッキ時間は僅か1~2分、その後、温水冷却・白錆防止・仕上・検査・出荷と続きます。一連の製造工程を見学し、やはり聞くと見るでは大違い。鋼材に含まれる僅かな金属の量や工法により、メッキの不具合が発生するなど理解度も格段と増し今後の業務にも活かせる事でしょう。高崎亜鉛工業の皆様、ありがとうございました。


工場検索

工場検索

工場検索

工場検索

工場検索

工場検索

けんぽ協会の保健師さんによる健康相談実施

平成24年10月12日、午後12時より、全国健康保険協会群馬支部の保健師さんによる健康相談(個別相談・集団学習)が実施されました。
まず、個別相談ではメタボ予防や健康指導。当社にはメタボ該当者はおりませんでしたが、メタボ予備軍として名前が挙がってしまった3名のうち1名が指導を受けました。集団学習では「喫煙の害・アルコールの害」についての講話をお願いしました。メインは禁煙のすすめ。当社のヘビースモーカー、特に若い社員にタバコの害を知ってもらい、是非とも禁煙、もしくは減煙につながればという思いからでした。すると、来社された保健師さんを見てビックリ、奇遇にも幼馴染。となると、話も早い。社員にタバコの恐ろしさを見せつけ、恐怖によって吸いたくなくなるよう仕向けたいと画策・・・。保健師の川井さんも、喫煙者の多さに「やりがいがある!」とおっしゃって下さったのですが、今のところ効果は期待薄というところでしょうか?が、懲りずに禁煙運動を進める所存です。


健康相談

健康相談

健康相談

スキルアップセミナー受講

JIS溶接の新規受験者、3名が只今学科試験対策に奮闘しています。
今回、高崎産業技術専門校で専門の先生に対策を教えていただけないかと相談したところ、『スキルアップセミナー』でオーダーできる!ということだったので、9月24日から3日間、1日2時間の講習をお願いしました。
 仕事が終わってから、家で勉強をするのは大変だけど、きちんと先生について教われば、きっと大丈夫だろうということで、企画されたこの講習。今回総務部長と一緒に学校にお邪魔し、初日の授業の様子を少し拝見させていただきました。総務部長が、まるでわが子の授業参観を見るかのように、後ろから心配そうに見ている姿が、微笑ましかったです。
 今は、昼休みと仕事終わりに、毎日30問テストをして、その実力を測り、日々努力を重ねています。11日の試験は実技試験もありますので、大変だと思いますが、全員で合格できるよう、頑張ってほしいと思います。
                             By N山

P.S. N山古巣の産技にて、メタル技術科を見学させていただきました。技能五輪の作品などUPしたので、ご覧くださいませ!!


スキルアップ

スキルアップ

スキルアップ

スキルアップ

スキルアップ

山田課長が優良職長表彰受賞!

平成24年9月21日開催の関東建設工業グループ安全衛生大会に於いて、弊社技術部の山田課長が優良職長として表彰されました。
安全衛生大会が開催された太田市新田文化会館エアリスホールは収容人数800名以上。大会開始直後には、「おおたアカデミーオーケストラ」がクラシック演奏する華やかさ。そのホールが満席に近くなる程の大勢の参加者が注目する中、優良会員・優良職長・優良工事管理者が次々と壇上で表彰されるという晴れがましい舞台でした。今週末の全員会議で受賞報告をする予定ですが、頂きました金一封は、山田課長の提案により鐵建の互助会でもあります「鐵友会」に全額寄付、会員相互の懇親に使わせていただくことになりました。有効な利用方法を考えます、ありがとうございました!


優良職長表彰

優良職長表彰

優良職長表彰

アロカシア・コロゾン咲く!

またまた不思議な花が咲きました。事務所の観葉植物「サトイモ科アロカシア属コロゾン」に白い花?長さ5㎝、直径7㎜程度の細長い鉛筆状の物体が2個つきました。
小麦粉を固めた触感で下部は花模様があり粉っぽい感じです。どう見ても花ですよね?
珍しいので写真撮影しました。以前は、幸福の木にも花が毎年咲いていましたが、最近は咲かなくなり残念に思っていたところでした。このアロカシア・コロゾンの葉も不思議な形で名前を調べる前は、何となく「キングギドラ」と呼んでいました。観葉植物も多くの種類がありますが、サトイモ科にも70種類以上あるとのことで面白い形の葉を楽しめます。


不思議な花

不思議な花

9月1日「防災の日」に機械設備の定期点検を実施!

今日は、防災の日。当社は幸いにも今まで大きな自然災害を被ってはいませんが、5S活動の一環でもあります機械設備の定期点検を本日行いました。
毎日、工場内では大型機械や天井クレーンがフル稼働、どんな小さな部品の摩耗や故障も大きな事故の原因になる可能性があります。また、故障して動かなくなれば、工程に支障をきたしたり、無駄な修理費の負担にもつながります。そこで、毎日の始業点検だけでなく、年に数回、隅から隅まで点検したうえ、ブラシと洗浄液で綺麗に清掃しています。使用している機械の担当者は、ほぼ固定していますので、自分で自分の機械に愛着と責任を持ち真剣に取り組んでいます。機械もピカピカに磨きあげられ、一層活躍してくれそうです。


点検

点検

点検

点検